使わない機能を解約するとスマホが安くなる

スマホを使うと、さまざまな人とリアルタイムにメッセージのやり取りができます。

高性能なアプリが登場したおかげであり、最近では音声通話をそれほど使わなくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

便利な半面、スマホ料金が高いと感じているようであれば節約できる要素を探す必要があります。

スマホ料金を節約するには、使わない機能を思い切って解約する方法があります。

パケット通信を楽しむのに不可欠なプランの契約はそのままに、契約しているけれども使う機会が皆無であると思えるような機能を見つけ出すのです。

音声通話機能を利用することが少なくて留守電機能サービスに契約しているのなら、この機能を解約するとスマホ料金が安くなります。

キャリアによって違いがあるものの、おおよそ300円程度の節約になるのです。

留守電機能サービスを解約する方法は2つあります。

ひとつは、各キャリアのインターネット上のサービスから解約申し込みをすることです。

契約者を識別するパスワードの入力が求められるので、パスワードを覚えていることが前提となります。

また、各キャリアのダイヤルサービスから解約の申請も可能です。

自身の携帯番号や個人情報を口頭で伝えるだけなので、スマホ上での操作は不要です。